豆 - kawashima the japanstore
北海道産無農薬大豆「スズマル」500g
$174 
北海道的有机物大豆的"锡机"是的 北海道幕别在30多年来,大豆继续使平譯重要的是要提高大豆有机"锡机"。 纳豆最佳的小小的种子品种。 大豆是成熟的,从收获季节,营养物质有足够的吸收和优秀的口感和风味的因为它的一个结果。 平譯农场平譯它 "我的孩子那么亲切地提出了" 北海道幕别在30多年来,农药的免费的豆。收获豆机,而不诉诸于太阳烘干、豆类和甜味的凝聚。 请吃了它。没有杀虫剂或化学肥料的有机种植和自然干燥在种植有机的大豆。 纳豆的最佳小型接种的大豆。   纳豆芽孢杆菌来了如何 和纳豆如何使指导的电子邮件 服务。   所采购的客户的声音 令人惊讶的美味的家常纳豆是鼓舞人心 这个酸奶的产卵的时候你买一个纳豆制作配方,我看到了纳豆就可以。 粉纳豆芽孢杆菌和黄豆,不易的和惊人的自制纳豆是鼓舞人心的。   太小了,你最喜欢的 自制的纳豆其中有些是非常好的。 大好,但太小爱的大多数。 农药的免费的国内大豆,非常好。 安全好吃的健康的吃掉它们。  ...
北海道産無農薬大豆「トヨマサリ」500g 2017年産
$156 
北海道的有机物大豆的"丰田马萨里克"是 "而且"大豆的最美味的,甜蜜的,"大豆的横纲,它通常被称为"最大。 味道很好的煮豆子在合适的。此外,味噌作和豆腐。 蔗糖内容的其他大豆相比,各种各样的菜豆的丰富的味道的味道。北海道幕别在30多年来,大豆继续使平譯重要的是要提高有机的大豆。 大豆是成熟的,从收获季节,营养物质有足够的吸收,优秀的口感和风味的因为它的一个结果。   平譯农场平譯它 "我的孩子那么亲切地提出了" 北海道幕别在30多年来,农药的免费的豆。收获豆机,而不诉诸于太阳烘干、豆类和甜味的凝聚。 请吃了它。没有杀虫剂或化学肥料的有机种植和自然干燥在种植有机的大豆。 没有农药或化肥料栽培的(※)・自然干燥护长大的有机物大豆。 *肥鸡粪肥使用。 煮豆,丰满的豆的甜头,旨在酒店。 酱的材料的使用,美味的口感很多美味酱汤在哪里你可以选择支付一些额外的项目。 自制的豆腐,豆奶、豆根据请使用。 消费水煮的还建议。 大豆美味煮方+自制酱怎么做邮件将指导。   客户的声音 太美味的--- 豆煮的时候,可以尝到了和太美味阻止我。 下一年的所有大豆产品。来到几乎太简单和有趣的预探索一些惊人的潜水场所。   大豆味 自制味噌作用于购买。...
売り切れ
黒千石大豆のパワー 黒豆の一種で他の黒大豆よりも大豆イソフラボンおよびポリフェノールの値が高いとされています。 北海道大学遺伝子病制御研究所により免疫を担うリンパ球が刺激されて 感染抵抗力やがんへの免疫を高め、アレルギー症状を抑えるインターフェロンの生成を促す物質が発見され 近年その効果が特に注目されている黒大豆です。 黒千石大豆の使い方 煮豆や豆餅の材料のほか、濃厚な味ゆえ煎った黒千石大豆の豆ご飯は人気で、 スコーンやクッキーに入れてもおいしいです。 自然農園いのちのいっぽ 北海道の日高山脈の裾野、清水町に自然農園いのちのいっぽはあります。 「清水町」は北海道の道東「十勝」に属し、西に日高山脈、北に大雪山系を望む雄大な景観の農村地帯です。 その昔、自然と共に生きていたアイヌの人たちはこの地を「ペケレベツ(アイヌ語で清い水の流れるところ)」と呼んでおり、 清水町の地下一帯には麦飯石(ばくはんせき)と呼ばれる水を浄化する石が多くあると言われています。 日高山脈に積もる雪が長い年月をかけ地下水となりこの地を潤しているのです。 そんな好環境で自然に寄り添いながら野菜づくりをしています。 無農薬・無化学肥料 安心・安全はもちろんのこと、家族とくに子どもたちに食べさせたいものにこだわり、農薬や化学肥料を使わずに野菜を育てています。 子どもたちがいつでも自由に畑を走り回れる環境を大切にしています。 種への思い 野菜の種の多くは固定種・在来種と呼ばれる長期にわたり受け継がれている自分たちで種どり出来るものを選んでいます(野菜の一部にF1種使用)。 この種から出来る野菜は一般的に伝統、そして旬の味が味わえると言われています。 この種の野菜は生育に時間がかかり、成長が不揃い。 どこか私たち人間と似ていますね。 代々受け継がれる種を私たちもリレーのように繋いでいくことを大切にしたいと考えています 商品詳細...
有機小豆「えりも小豆」300g|折笠農園特製
$285 
什麼是有機紅豆 Erimo Azuki是一種天然種植的紅豆,生長在北海道十勝郡Makubetsu,沒有使用殺蟲劑和化肥。 它具有濃郁的風味和濃郁的紅豆香氣,除了米飯,anko,煮豆和日本甜點外,還是煮紅米的理想選擇。煮熟的糙米,你可以享受健康的糙米紅豆飯。這是在全國知名商店和豆類專賣店高度評價的品種。 關於Orikasa農場  這是一個專注於北海道首要農業區十勝Makubetsu鎮使用綠肥的獨特的無肥料和無農藥自然耕作方法的農場。在機械化進展,化肥和化學農藥開始提高生產力的時代,我們引入了不使用化肥的綠肥,以“我想重新奪回北海道開拓時代的豐富土地”的想法。變成了一個生產的農場在開始以“安全,安全和獨立的農業”為目標進行自然栽培十年後,Ken Orikasa先生繼承了他的想法並實現了生產不含農藥的天然蔬菜。 使用綠肥製作田地  綠肥用作天然肥料,通過在沒有收穫植物的情況下培育在田地中生長的植物和犁過的土壤。使用綠肥的優點·由於土壤結構的改善,排水和保水性會增加。 - 增加的有機物質促進土壤中微生物的生長。 - 改善土壤中微生物之間的平衡,防止害蟲的發生。保持野外健康。這種肥料符合Ken Orikasa重新獲得豐富土地的願望。 有機紅豆生產商Ken Orikasa的承諾 在Orikasa農場種植的有機紅豆通過天然栽培精心栽培,重點是無農藥和化學肥料。自然栽培仍然是一個新領域,沒有化肥和農藥就很難種植.Orikasa先生還在帶廣農業和獸醫科學大學接受了土壤科學,微生物學和北海道農業研究專家的建議,並在不斷研究的同時進行了田間栽培。我要走了。它不僅承擔了作物自然栽培的困難領域,而且還堅持作物的味道。如果消費者僅僅因為自然栽培而感覺味道不好吃,就沒有真正的傳播。 Orikasa,他這麼認為,實驗性地每年用土豆種植30-35種作物,並研究其中哪些具有最佳的天然栽培品味和質量。 Orikasa先生認為有充分理由獲得美味是很重要的,他確信經過進一步研究後,理由會變得更加清晰。 與Akinori Kimura相遇  八年前,當我遇到Akimori的蘋果農場主Akinori Kimura時,他成功地生產了無農藥和天然栽培的蘋果,這些蘋果據說是絕對不可能的,並且作為“奇蹟蘋果”引起了很多關注。我被“如果你無法理解自然循環,你不能自然生長”這句話所震驚。開始了不使用化肥的自然栽培的挑戰。木村先生被教導如何從頭開始製作土壤,並遇到了天然栽培的先驅。目前,總面積為75公頃的28公頃,約佔總面積的30%成為天然栽培領域。在未來,我們的目標是可以繼續進行更大規模的自然種植,我們每天都在努力為北海道的農業發展做出貢獻,而木村山希望如此。 有機紅豆的營養成分“Erimo Red...
売り切れ
北海道的有机红豆"给它豆",并且是 北海道幕别在30多年,豆类已经做出平譯它是具有有机的红豆。 红豆的时机已经成熟从收获季节,营养物质有足够的吸收,优秀的口感和风味的因为它的一个结果。 平譯农场平譯它 "我的孩子那么亲切地提出了" 北海道幕别在30多年来,农药的免费的豆。收获豆机,而不诉诸于太阳烘干、豆类和甜味的凝聚。 请吃了它。没有杀虫剂或化学肥料的有机种植和自然干燥在种植有机的大豆。 纳豆的最佳小型接种的大豆。 没有杀虫剂或化学肥料的有机种植和干燥的自然在保健增长的有机红豆。 深和优雅的风味。 红豆和米饭和煮红豆、日本糖果的时候你会。 平譯的种植和豆水吸收方面的考虑。 平譯的种植和豆类一夜之间,或者更多的水腌制的所有豆子都是吸水的时候发生这种情况。 过去几年来,平譯的大豆和红豆,诸如豆类中发现的事件。 豆的土壤质量的关系的详细原因是目前正在进行调查。 吸水不豆,正常的沸点酝酿产生,是不可能的。 高压锅还做饭。 和豆子的味道和快乐的完成它每年重复购买,太多的人遇难。 但是在煮豆子在水中吸收如果你需要平譯和豆类不建议。 点的Twitter,我想。 第一豆了,豆子都是美味煮方指导你会收到一封电子邮件。   所采购的客户的声音 没有吃红豆子是不能相比,--- 而不是糖甜酒善财使用的时间。...
売り切れ
青大豆「キヨミドリ」とは 暖地向けに初めて育成された青大豆で 大豆として成熟後実と種が美しい緑色をしているのが特徴的です。 ショ糖含有がその他の大豆に比べて多く きな粉・味噌・グラノーラなどの加工に適していると言われています。 風味があり、味わい深いのも特徴的で 枝豆としての利用も適しています。 自然栽培の青大豆は大変貴重です。 自然栽培の収穫作業は大変手間と時間がかかり 収益を効率的に上げることが難しいのが現状です。 特に大豆は難しいと言われていて 全国の農家でも自然栽培を行っているのはほんの一握りだそうです。 そんな中、おがた健康農園の大豆は難しい環境でもその土地にあった理想的な栽培を実現。 独自の製法でしっかりと収益を上げ、全国に無農薬作物を提供し続けてくれています。 おがた健康農園のこだわり 理念 目標は『病なき世界の創造』 その為に無肥料自然栽培の農産物を純粋なまま食卓に届け  健康で幸せな家庭と社会づくりを目指す こだわり 『一切の農薬の不使用、 除草剤の不使用』 種子の段階から収穫まであらゆる農薬を不使用です 『一切の肥料の不使用』 化学肥料 ボカシ肥料 家畜糞尿堆肥を一切不使用です 『土の清浄化』...
売り切れ
金時豆(北海道産無農薬)300gとは 誰もが驚くそのおいしさの秘密は、手間の違いにあります。豆の収穫期は秋の長雨や台風の被害にあう可能性が高く、出荷できないものが増えることもあります。そのため、一般には長雨の時期をさけ、最後まで生育しきっていない未熟な状態で収穫してしまうことも多いのです。平譯さんは天候を気にしながらも、畑でしっかり完熟したことが確認できるまで収穫を待ちます。最後まで待つことで、吸収された栄養分が、ふくよかなうまみや風味に変わっていき、豆がおいしくなるのです。また一般に流通している豆のほとんどは、機械で加温乾燥されたものです。平譯さんは「にお積み」を行ない、十勝平野を吹き抜ける冷たい北風で、2?3週間豆を乾燥させます。この「にお積み」は10年ほど前までは、北海道各地で行なわれていました。しかし寒風の吹きつける中での重労働になるため、現在行なわれているのは、大豆栽培が盛んな十勝地方でも1割程度です。 [ 原材料 ] 金時豆(大正金時)無農薬無化学肥料栽培 [ 使い方 ] 甘く煮てお茶請けに。トマト味やブイヨン風味のスープに。カレーやサラダにも使えます。 [ 保存方法 ] 直射日光を避け、冷暗所で保存してください。 [ 製造工程 ] 5月中旬?6月上旬 播種→6月上旬?8月中旬除草・管理→10月上旬収穫→天日乾燥(にお積)→11月中下旬?選別・パック詰め
金時豆500g-北海道産無農薬 2017年度産
$183 
北海道産無農薬金時豆とは 北海道幕別町で30年以上、無農薬・無化学肥料にて豆を作り続けている平譯優さんが 大事に育て上げた北海道産無農薬金時豆です。 金時豆がしっかり完熟してから収穫しているので、 栄養分をたっぷりと吸収しており、上質な旨みと風味を孕んでいます。 北海道産無農薬金時豆生産者のこだわり この手亡豆は無農薬・無化学肥料にこだわって大事に育てられています。 農薬を使用していないため、雑草取りに大変な手間がかかります。 毎年100~150人のパートさんと共に作業をしています。 また、金時豆の「自然乾燥」にこだわっているのも特徴です。 一般に流通している豆のほとんどは、機械で加温乾燥されたものです。 平譯農場では、十勝平野を吹き抜ける冷たい北風を利用して2~3週間ほどの期間で、 豆を乾燥させます。 このような昔ながらの自然乾燥を行っている金時豆農家は現在ではごくわずか。 自然乾燥に徹する事で、手亡豆の繊細な風味を守る事ができているのです。 【製造工程】 5月中旬~6月上旬 播種→6月上旬~8月中旬除草・管理→10月上旬収穫→天日乾燥) 北海道産無農薬金時豆注意点 ・商品名:無農薬金時豆 ・原産地:北海道幕別町 ・内容量:500g ・賞味期限:約8ヶ月
売り切れ
金時豆には栄養たっぷり 金時豆には脂質はほとんど含まれていません。 日本人に不足しがちなビタミンB1などのビタミン類や鉄、カルシウムを多く含んでいます。 食物繊維も豊富で腸を整える作用があり、糖尿病や肥満の防止などに有効とされています。 金時豆の使い方 煮豆のほか煮崩れしにくいので、チリビーンズ、サラダ、パンに入れてもおいしく調理できます。 北海道ではお赤飯の豆として金時の甘納豆を使う家庭もあります。 金時のコクをいかした甘煮、甘煮と煮汁を利用したホットケーキや蒸しパン、 揚げ物や煮込みなど様々なお料理にお使いいただけます。 自然農園いのちのいっぽ 北海道の日高山脈の裾野、清水町に自然農園いのちのいっぽはあります。 「清水町」は北海道の道東「十勝」に属し、西に日高山脈、北に大雪山系を望む雄大な景観の農村地帯です。 その昔、自然と共に生きていたアイヌの人たちはこの地を「ペケレベツ(アイヌ語で清い水の流れるところ)」と呼んでおり、 清水町の地下一帯には麦飯石(ばくはんせき)と呼ばれる水を浄化する石が多くあると言われています。 日高山脈に積もる雪が長い年月をかけ地下水となりこの地を潤しているのです。 そんな好環境で自然に寄り添いながら野菜づくりをしています。 無農薬・無化学肥料 安心・安全はもちろんのこと、家族とくに子どもたちに食べさせたいものにこだわり、農薬や化学肥料を使わずに野菜を育てています。 子どもたちがいつでも自由に畑を走り回れる環境を大切にしています。 種への思い 野菜の種の多くは固定種・在来種と呼ばれる長期にわたり受け継がれている自分たちで種どり出来るものを選んでいます(野菜の一部にF1種使用)。 この種から出来る野菜は一般的に伝統、そして旬の味が味わえると言われています。 この種の野菜は生育に時間がかかり、成長が不揃い。 どこか私たち人間と似ていますね。 代々受け継がれる種を私たちもリレーのように繋いでいくことを大切にしたいと考えています...
売り切れ
赤大豆(浦部農園・有機農法・原種栽培)1kgとは 浦部農園産の有機大豆を原料に、国内の有機認定工場で厳重に生産管理され、大切に作られた100%国内産有機赤大豆です。 貴重な国産大豆の中でも、とりわけ稀少な在来品種の赤大豆です。ほくほくと甘くコクがあって、その美味しさ、やわらかさは、砂糖がいらないほど旨いと賞される「さといらず」をも、しのぎます。 赤大豆とは 赤い種皮が特徴の赤大豆は、非常にやわらかくとても食べやすい大豆です。 煮豆用として非常に評価が高く、納豆などは驚くほどおいしく食べられます。 じつは赤大豆というのは若いうちは少しくすんだ緑色をしており、一般的な枝豆とそれほど違いはありません。 完熟し乾燥したとき真っ赤な表皮で覆われた大豆になるのです。 一般の白大豆よりもイソフラボンの含有が多いことがわかっています。 赤い表皮にはポリフェノールの一種「アントシアニン」が含まれていて、 その強力な抗酸化作用は血液をきれいにしたり、肝機能を向上させたりすると言われています。  スタッフの声 豆本来の甘みとコクがあり、美味しい豆ごはんが出来上がります。 ぜひ、他の大豆との違いをお楽しみいただければと思います。 赤大豆のおいしい食べ方 豆の食べた方は、「塩茹で」と「豆ご飯」です。 赤大豆は非常に旨みが強いので、素材の味をそのままで。 納豆菌で手軽に美味しい納豆にしても美味しく召し上がれます。 ↓簡単てづくり納豆のページはこちら↓ 納豆菌粉末-有機大豆抽出100%由来の納豆菌 浦部農園のこだわり 微生物を最大限に引き出した、化学肥料や農薬を一切使わない土づくり。 安心・安全な、ほんものの味の穀物をお届けします。 化学肥料や農薬をいっさい使わない田圃には、有機物を分解する微生物が生きています。 田圃から持ち出すのはお米だけ。稲藁も籾殻も全部田圃に戻します。...
売り切れ
赤大豆(浦部農園・有機農法・原種栽培)300gとは 浦部農園産の有機大豆を原料に、国内の有機認定工場で厳重に生産管理され、大切に作られた100%国内産有機赤大豆です。 貴重な国産大豆の中でも、とりわけ稀少な在来品種の赤大豆です。ほくほくと甘くコクがあって、その美味しさ、やわらかさは、砂糖がいらないほど旨いと賞される「さといらず」をも、しのぎます。 赤大豆とは 赤い種皮が特徴の赤大豆は、非常にやわらかくとても食べやすい大豆です。 煮豆用として非常に評価が高く、納豆などは驚くほどおいしく食べられます。 じつは赤大豆というのは若いうちは少しくすんだ緑色をしており、一般的な枝豆とそれほど違いはありません。 完熟し乾燥したとき真っ赤な表皮で覆われた大豆になるのです。 一般の白大豆よりもイソフラボンの含有が多いことがわかっています。 赤い表皮にはポリフェノールの一種「アントシアニン」が含まれていて、 その強力な抗酸化作用は血液をきれいにしたり、肝機能を向上させたりすると言われています。 スタッフの声 豆本来の甘みとコクがあり、美味しい豆ごはんが出来上がります。 ぜひ、他の大豆との違いをお楽しみいただければと思います。 赤大豆のおいしい食べ方 豆の食べた方は、「塩茹で」と「豆ご飯」です。 赤大豆は非常に旨みが強いので、素材の味をそのままで。 納豆菌で手軽に美味しい納豆にしても美味しく召し上がれます。 ↓簡単てづくり納豆のページはこちら↓ 納豆菌粉末-有機大豆抽出100%由来の納豆菌 浦部農園のこだわり 微生物を最大限に引き出した、化学肥料や農薬を一切使わない土づくり。 安心・安全な、ほんものの味の穀物をお届けします。 化学肥料や農薬をいっさい使わない田圃には、有機物を分解する微生物が生きています。 田圃から持ち出すのはお米だけ。稲藁も籾殻も全部田圃に戻します。...
売り切れ
緑大豆 -小粒-(おがた健康農園特製 無農薬・無肥料栽培)200gとは 希少な無農薬・無化学肥料栽培の熊本県産、緑大豆です。 国産大豆の中でも、とりわけ稀少な緑大豆です。ほくほくと甘くコクがあって、非常に美味しい大豆です。 豆乳にすると、エグ味がなく、豆の甘みがストレートにはっきりと感じられます。 通常の大豆より小粒ですので、豆ごはんにしても美味しくいただけます。 緑大豆とは 緑大豆は流通量も少なく、スーパーには売っていません。国産の緑大豆は非常に高価です。 栽培特徴 大豆の収穫は手作業が多く中々大変です。 外来種の雑草を気をつけて触らないと痛い目に会います、 節々にこんな棘が有ります、不用意に触ると とても痛い目に会います。 今年は雨が多く除草が不行き届きかちです。 大豆の花、5ミリほどの小さな花です、可愛いでしょう。 緑大豆 発芽後14日目の姿です、同時に雑草の芽も大きく成っています。 ロータリーカルチで中耕除草作業、雑草に土をかぶせて除草作業です。 後日恵みの雨が降りどんどん大きく成長するでしょう、 スタッフの声 豆本来の甘みとコクがあり、美味しい豆ごはんが出来上がります。 ぜひ、他の大豆との違いをお楽しみいただければと思います。 緑大豆のおいしい食べ方 豆の食べた方は、「塩茹で」と「豆ご飯」です。 緑大豆は非常に旨みと甘みが強いので、素材の味をそのままで。 納豆菌で手軽に美味しい納豆にしても美味しく召し上がれます。 ↓簡単てづくり納豆のページはこちら↓...
売り切れ
煮るとホクホク食感の紫花豆 紫花豆は非常にデリケートで、その年の天候によって生産量が左右されてしまう大変稀少な豆です。 紫色に黒のまだら模様が入った、他の豆には見られない特徴的な模様をしています。 煮るとホクホクした食感で、煮豆や甘納豆、煮込み料理に向いています。 皮が柔らかく、ホックリしています。 花豆ご飯、花豆ケーキにもお使いいただけます。 紫花豆を上手に煮るコツ たっぷりの水でしっかりと水で戻すことがホクホクに煮るポイントです。 圧力鍋を使い、2 回茹でこぼすとより良いとされています。 手で触って柔らかくなってから味付けすると、しっかりと豆に味が浸透します。 乾燥の花豆 1kg に対し、砂糖は 700~800g出来上がった後はたっぷりの煮汁に浸しておきましょう。 自然農園いのちのいっぽ 北海道の日高山脈の裾野、清水町に自然農園いのちのいっぽはあります。 「清水町」は北海道の道東「十勝」に属し、西に日高山脈、北に大雪山系を望む雄大な景観の農村地帯です。 その昔、自然と共に生きていたアイヌの人たちはこの地を「ペケレベツ(アイヌ語で清い水の流れるところ)」と呼んでおり、 清水町の地下一帯には麦飯石(ばくはんせき)と呼ばれる水を浄化する石が多くあると言われています。 日高山脈に積もる雪が長い年月をかけ地下水となりこの地を潤しているのです。 そんな好環境で自然に寄り添いながら野菜づくりをしています。 無農薬・無化学肥料 安心・安全はもちろんのこと、家族とくに子どもたちに食べさせたいものにこだわり、農薬や化学肥料を使わずに野菜を育てています。 子どもたちがいつでも自由に畑を走り回れる環境を大切にしています。...
売り切れ
北海道産無農薬紅しぼり豆とは 北海道幕別町で30年以上、無農薬・無化学肥料にて豆を作り続けている平譯優さんが 大事に育て上げた北海道産無農薬紅しぼり豆です。 紅しぼり豆がしっかり完熟してから収穫しているので、 栄養分をたっぷりと吸収しており、上質な旨みと風味を孕んでいます。 北海道産無農薬紅しぼり豆生産者のこだわり この手亡豆は無農薬・無化学肥料にこだわって大事に育てられています。 農薬を使用していないため、雑草取りに大変な手間がかかります。 毎年100~150人のパートさんと共に作業をしています。 また、紅しぼり豆の「自然乾燥」にこだわっているのも特徴です。 一般に流通している豆のほとんどは、機械で加温乾燥されたものです。 平譯農場では、十勝平野を吹き抜ける冷たい北風を利用して2~3週間ほどの期間で、 豆を乾燥させます。 このような昔ながらの自然乾燥を行っている紅しぼり豆農家は現在ではごくわずか。 自然乾燥に徹する事で、手亡豆の繊細な風味を守る事ができているのです。 【製造工程】 5月中旬~6月上旬 播種→6月上旬~8月中旬除草・管理→10月上旬収穫→天日乾燥) 北海道産無農薬紅しぼり豆注意点 ・商品名:無農薬紅しぼり豆 ・原産地:北海道幕別町 ・内容量:200g ・賞味期限:約8ヶ月
売り切れ
青大豆とは 岡山県総社市の小野友樹農園が合鴨農法により無農薬で育った美味しい青大豆です。 青大豆の国内での流通量は少なく、スーパーなどでは手に入らない貴重な大豆です。 価格も高価で、お取り寄せ品として購入されるなどしています。 青大豆のおいしさの秘密 大粒で甘みのある大豆です。 普通の大豆よりも食感が良く、お米と一緒に炊き上げて大豆ご飯にするとより良い食感を楽しめます。 脂肪分が少ないので、ダイエット中の方にもオススメできる大豆です。 無農薬青大豆-生産者ご紹介 高級豆のイメージが強い青大豆を無農薬・無化学肥料で栽培しているのが、 小野有機農園の小野悟志さんです。 小野さんは「農薬を一切使わない、しかも化学肥料も一切使わない」というポリシーのもと、 無農薬・無化学肥料の栽培にこだわって栽培しました。 (豆を栽培する畑は過去何年間にもわたって無農薬・無化学肥料で栽培し続けているクリーンな畑です。) 小野さんの農園では、青大豆が十分に栄養を蓄え、しっかり成長しきってから収穫されます。 丁寧に育てられた青大豆は従来の豆よりも粒が大きく、上品な甘みが有るのが特徴です。 小野有機農園は、雑誌「pumpkin」食の安全特集でも大きく取り上げられています。 無農薬青大豆-商品詳細 岡山県総社市産青大豆 生産者:小野 悟志氏 内容量:300g
売り切れ
赤大豆とは 岡山県総社市の小野友樹農園が合鴨農法により無農薬で育った美味しい赤大豆です。 赤大豆はその名の通り種皮が赤く色づいた大豆のことを指します。 赤い色の大豆にはアントシアニンという成分が含まれていて栄養価満点です。 実を煮出すとホクホクで柔らかく、非常に食べやすいのが特徴てきです。 美味しくて健康効果も高い赤大豆を是非お試しください。 赤大豆の健康効果 必須アミノ酸 赤大豆には他の大豆に比べてぐっとアミノ酸量が多く含まれています。 リジンと呼ばれるアミノ酸は、食品からしか摂取できない必須アミノ酸と呼ばれており この必須アミノ酸が赤大豆には豊富にふくまれています。 グルタミン酸 赤大豆に含まれるグルタミン酸には、脳の働きを活発にし、疲労回復などの効果があるとされています。 このグルタミン酸ですが、なんと一般の黄大豆の2倍以上のりょうが赤大豆には含まれています。 赤大豆のおいしさの秘密 赤大豆の美味しさのポイントは種皮にあります。 一般の大豆の種皮は分厚いものが多く、この皮に少し抵抗のある方が多くいらっしゃいます。 赤大豆の皮は種皮が薄く、食べた時の歯ざわりが非常に良いのでどなたでも安心して召し上がって頂けます。 また、赤大豆に含まれる豊富なアミノ酸量が旨味を引き出してくれることも赤大豆が美味しいと言われる要因の一つになっています。 無農薬赤大豆-生産者ご紹介 高級豆のイメージが強い赤大豆を無農薬・無化学肥料で栽培しているのが、 小野有機農園の小野悟志さんです。 小野さんは「農薬を一切使わない、しかも化学肥料も一切使わない」というポリシーのもと、 無農薬・無化学肥料の栽培にこだわって栽培しました。 (豆を栽培する畑は過去何年間にもわたって無農薬・無化学肥料で栽培し続けているクリーンな畑です。)...
売り切れ
有機黒豆「黒千石」とは 北海道十勝郡幕別町にて農薬を使わず、化学肥料も与えずに栽培した自然栽培農法の黒豆が「黒千石」です。 黒千石は煮豆にすると美しい光沢に仕上がり、上品な甘みが出るのが魅力です。 小粒で独特な食感があるので、豆ご飯にしても美味しくお召し上がりいただけます。 黒千石大豆は栽培に非常に手間がかかるため、 1970年代には生産がストップ、絶滅した品種と言われていました。 しかし優良品種であることから熱意ある人々の手により約50粒の種がみつけられ、 そのうちの28粒が発芽し黒千石大豆は復活しました。 現在では北海道で積極的に生産が推進されており 一般的な黒豆よりも小さく、黒色の美しい光沢が特徴的です。 小粒なので他の素材と合わせて調理がし易く、便利にお使いいただけます。 近年の研究で大豆イソフラボンやポリフェノールが他の黒大豆に比べ高いという結果が出ています。 特にアントシアニン(ポリフェノールの一種)は、他の黒大豆に比べて2倍程含まれています。 全国の有名店や、豆専門店でも評価の高い品種です。 折笠農園とは 北海道随一の農業地帯、十勝の幕別(まくべつ)町で 緑肥を使用した独自の無肥料無農薬の自然栽培農法に力を入れる農園です。 機械化が進み化学肥料、化学農薬を駆使し生産性を高め始めた時代に 先代の「北海道開拓時代の豊かな土地を取り戻したい」という思いから、 化学肥料を使わない緑肥を農園に導入し、じゃがいもを生産する農場へと転向させました。 「安心・安全・自立した農業」を目指し自然栽培を始めてから10年、 折笠健さんにその思いは受け継がれ、無農薬でてきる自然野菜の生産を実現することができました。 緑肥を使った畑作り 緑肥とは畑で育て栽培した植物を収穫せず、そのまま田畑にすきこみ土と一緒に耕すことで 自然な肥料とし活用することです。...
売り切れ
有機大豆「大袖の舞」とは 大変希少な北海道産有機大豆です。 農薬を使わず、化学肥料も与えずに栽培した自然栽培農法の大豆です。 大ぶりの実が特徴的で製菓や煮豆の調理などに向いていて、 大豆本来の持つ香りと甘みが高く豆腐作りや納豆作り・味噌作りにも使われます。 全国の老舗の味噌蔵や有名豆腐でも愛用されています。 折笠農園とは 北海道随一の農業地帯、十勝の幕別(まくべつ)町で 緑肥を使用した独自の無肥料無農薬の自然栽培農法に力を入れる農園です。 機械化が進み化学肥料、化学農薬を駆使し生産性を高め始めた時代に 先代の「北海道開拓時代の豊かな土地を取り戻したい」という思いから、 化学肥料を使わない緑肥を農園に導入し、じゃがいもを生産する農場へと転向させました。 「安心・安全・自立した農業」を目指し自然栽培を始めてから10年、 折笠健さんにその思いは受け継がれ、無農薬でてきる自然野菜の生産を実現することができました。 緑肥を使った畑作り 緑肥とは畑で育て栽培した植物を収穫せず、そのまま田畑にすきこみ土と一緒に耕すことで 自然な肥料とし活用することです。 緑肥を使用するメリットとして ・土の構造がよくなることで、水はけ、保水力などが高まる。 ・有機物が増加することで、土壌中の微生物の繁殖が促進される。 ・土壌中の微生物間のバランスがよくなり、病害虫の発生を防ぐ。 などが挙げられ畑を健康に保てます。 折笠健さんの「豊かな土地を取り戻したい」という思いに合致した肥料です。 有機大豆「大袖の舞」生産者 折笠健さんのこだわり 折笠農園で育てられた大豆は無農薬・無化学肥料にこだわって自然栽培で大事に育てられています。...
売り切れ
有機丹波黒大豆-岡山県小野有機農園-とは 岡山県総社市で合鴨農法により無農薬で育った美味しい丹波黒大豆です。 一般的な大豆(フクユタカ)に比べ2~3倍大きい「2Lサイズ」の最上位品質。 しかも無農薬・無化学肥料で手間ひまかけて育てられています。 まずは、煮豆にしてその食感をご堪能ください。 有機丹波黒大豆-生産者ご紹介 高級黒豆のイメージが強い丹波黒大豆を無農薬・無化学肥料で栽培しているのが、 小野有機農園の小野悟志さんです。 小野さんは「農薬を一切使わない、しかも化学肥料も一切使わない」というポリシーのもと、 無農薬・無化学肥料の栽培にこだわって栽培しました。 (黒豆を栽培する畑は過去何年間にもわたって無農薬・無化学肥料で栽培し続けているクリーンな畑です。) 小野さんの農園では、黒大豆が十分に栄養を蓄え、しっかり成長しきってから収穫されます。 丁寧に育てられた黒大豆は従来の黒豆よりも粒が大きく、上品な甘みが有るのが特徴です。 小野有機農園は、雑誌「pumpkin」食の安全特集でも大きく取り上げられています。 有機丹波黒大豆-商品詳細 岡山県総社市産丹波黒大豆(有機JAS認定) 生産者:小野 悟志氏 内容量:200g
売り切れ
手亡豆の豊富な食物繊維 北海道が主産地のいんげん豆の一種で、食物繊維が豆類の中で最も豊富です。 また茹でることでデンプンの一部が食物繊維化します。 その効果により、食物繊維の量は乾燥時と比べて1.5倍以上にもなるそうです。 不足しがちな食物繊維をおいしく摂ることができます。 手亡豆の使い方 白色の美しい豆でヨーロッパでは白いんげん豆といわれ、フランスの家庭料理「カスレ」の材料です。 日本ではおもに白餡の材料ですが、サラダ、お肉や野菜といっしょに煮てカレーやスープ、つぶしてコロッケにしてもおいしい豆です。 あっさりとした味も人気のひとつです。 自然農園いのちのいっぽ 北海道の日高山脈の裾野、清水町に自然農園いのちのいっぽはあります。 「清水町」は北海道の道東「十勝」に属し、西に日高山脈、北に大雪山系を望む雄大な景観の農村地帯です。 その昔、自然と共に生きていたアイヌの人たちはこの地を「ペケレベツ(アイヌ語で清い水の流れるところ)」と呼んでおり、 清水町の地下一帯には麦飯石(ばくはんせき)と呼ばれる水を浄化する石が多くあると言われています。 日高山脈に積もる雪が長い年月をかけ地下水となりこの地を潤しているのです。 そんな好環境で自然に寄り添いながら野菜づくりをしています。 無農薬・無化学肥料 安心・安全はもちろんのこと、家族とくに子どもたちに食べさせたいものにこだわり、農薬や化学肥料を使わずに野菜を育てています。 子どもたちがいつでも自由に畑を走り回れる環境を大切にしています。 種への思い 野菜の種の多くは固定種・在来種と呼ばれる長期にわたり受け継がれている自分たちで種どり出来るものを選んでいます(野菜の一部にF1種使用)。 この種から出来る野菜は一般的に伝統、そして旬の味が味わえると言われています。 この種の野菜は生育に時間がかかり、成長が不揃い。 どこか私たち人間と似ていますね。 代々受け継がれる種を私たちもリレーのように繋いでいくことを大切にしたいと考えています...
計 44 商品中 1 - 20 商品